高速バスとレンタサイクルでお手軽に本格的な山岳サイクリングは如何でしょうか?

長野県と岐阜県の県境に標高3,000m級の山々が連なる北アルプス。 この北アルプスの南端の乗鞍岳を走るのが日本有数の山岳道路が乗鞍スカイラインです。

Photo

この乗鞍スカイラインはサイクリストの聖地と呼ばれているのをご存知ですか?

何故ならこの乗鞍スカイラインのゴール地点である畳平は自転車で行ける、日本最高地点(約2,700m)!
また、この山岳道路は環境保全の為、通行できる車両は路線バスと自転車のみ!
その為、道路は走る自動車はたまに通る路線バスだけ! とても静かで風の音や鳥のさえずりを楽しめます。

勿論、絶景は景色です。

森林限界を超えた景色は息を飲みます。 まるで空を飛んでいるようです!

この本格的な山岳サイクリングを東京に住む初心者が手軽に楽しむ方法があります。

それは!!

直通 高速バス
×
レンタル
電動アシスト付自転車

新宿駅南口に隣接する”バスタ新宿”から”平湯温泉バスターミナル”まで直通の高速バスが毎日5~8往復運行

Photo

※ 新宿から奥飛騨・乗鞍の玄関口、平湯温泉バスターミナルへは京王バス・濃飛バスの高山行きで約4時間30分です。新宿→平湯 乗車体験記
※ 高速バスの詳細ご予約はこちらハイウェイバスドットコム

平湯バスターミナルから徒歩2分のモビリティステーション奥飛騨では
スポーツタイプの電動アシスト付自転車が1,500円/8時間で借りる事が出来ます。

Photo

しかも、新宿からの高速バスを往復でご利用の場合は500円引きの1,000円/8時間で借りくことができるキャンペーン実施中! 詳細

↑↑↑ キャンペーン実施詳細 ↑↑↑

高速バスの詳細ご予約はこちらハイウェイバスドットコム

管理職の皆さん、部下やチームの為にワーケーションをしてみよう!

ワーケーションをしたことがありますか?

私が初めてワーケーションしたのは2017年3月です。
当時はワーケーションと言う言葉は一般的ではなく、私も知りませんでした。

最近になって振り返るとあれが初めてのワーケーションだったのかぁ
と気がつきました。

初めてのワーケーションは長男(当時6歳)とのカンボジアに男二人でバックパックを背負っての卒園旅行でした。
>>当時の体験記

当時は社内インフラの多くがオンプレでリモートワークを駆使しながら旅と仕事を両立させたことを覚えています。
その後も海外旅行を中心に何度かワーケーションを体験しました。

コロナの流行以降は更にワーケーションが増えました。
しかし、私の中ではワーケーションのスタイルも大きく変わりました。

コロナ禍前はwork + Vacation でワーケーションでしたが
コロナ禍後はWork + Location でワーケーションとなることが殆どです。

コロナ禍前は息子達など家族と観光や遊びが中心
コロナ禍後は一人又は同僚とチームビルディングや研修等仕事が中心

と同じワーケーションでも内容は大きく変わりました。

メディアなどでは観光が中心の Work + Vacation が話題になりますが、私自身の経験、弊社スタッフや弊社が運営するワーケーション施設の利用者を見ていると、観光などはあまりせずに終日集中して仕事をする。

観光地やリゾート地などのリラックスした空間でテレワークを活用して、日中は本気で仕事をして、夕方から郷土料理や温泉を楽しんでます。

環境(Location)を移して、仕事(work)に励むワーケーション(workation)が普及するのでは?と考えております。

そこで、まず都市部の企業の管理職の方々にはLocation型のワーケーションを試してみていただければと思います。
・仕事が捗る
・ストレスが少ない
・部下が育つ
を実感してください。

また、就業規則などのルールが自宅以外でのテレワークがOKになっても、管理職の皆さんがチャレンジしないと部下はその制度を使うことも、チャレンジすることもできません。

まずは上司である管理職の方々にワーケーションを試していただきたいと思ってます。

初めて試すのにはシルバーウィークが最適!!
2021年9月21日(火)
2021年9月22日(水)
2021年9月24日(金)
で試すのは如何でしょうか?
上記は平日ですが前後は休日です。

休日と休日の合間は東京などの都市部へに戻らずに、そのままリゾート地でテレワークを体験しませんか?
価値観が変わり、生産性の向上や働き方改革が加速することと思います。

更には2021年9月17日(金)や9月27日(月)は高速バスの中で移動しながらテレワーク出勤をしませんか?
弊社の社員の中では日常です。移動時間も無駄にはしません。
働きながら移動をして、現地の時間をより大切にする。
>>高速バスは動くコワーキングスペース

オフィスだけで働く時代は終わりです。

上司がそのような働き方をすると、部下が憧れワーケーションでより結果を出し、
更には、あなたのもとまたは貴社で働きたいと思う優秀な人材が増える事でしょう。

まずは是非、試してみてください。


>> 動くシェアオフィス!?高速バスで行く! 草津温泉ワーケーション体験記

Photo
草津温泉 湯畑

渋谷から草津温泉などの高速バスご予約はこちらハイウェイバスドットコム

オススメの古民家ワーケーション施設はこちらCorritrip &WORK奥飛騨 萬葉館

電動アシスト付スポーツ自転車のレンタサイクルで絶景の乗鞍スカイライン ヒルクライム体験をしませんか?

乗鞍 畳平

長野県と岐阜県にまたがる乗鞍岳。 岐阜県側からの山岳道路が乗鞍スカイラインです。
この乗鞍スカイラインは中部山岳国立公園内にあり、自然保護のため、一般車両の通行はできません。
通行できる車両は路線バスと自転車だけです。

しかも、ゴールの畳平は標高2706mで自転車で行ける日本最高地点です。

この絶景の山岳道路サイクリングをを手軽に楽しむ方法があります。

乗鞍岳の麓である平湯温泉のモビリティステーション奥飛騨にはレンタルサイクルがあります。
しかも、パナソニック製の電動アシスト付のスポーツタイプの自転車です。

モビリティステーション奥飛騨は新宿・松本・上高地や高山 等からの直通バスが到着する、平湯バスターミナルから徒歩2分です。

バスで平湯温泉(奥飛騨)まで来て手軽に電動アシスト付スポーツ自転車で乗鞍スカイラインを楽しむの如何でしょうか?


Google

Google マップで モビリティステーション奥飛騨 から
乗鞍畳平 へのルートを表示します。Google マップで見る


>>> 乗鞍スカイラインのヒルクライム(サイクリング)体験記


■ レンタサイクル(電動アシスト付自転車)のご利用料金
8時間:1,500円(税金込み)
以後 8時間毎に1,000円(税金込み)
※要予約

【営業時間|貸出返却可能時間】6:00~21:00
※ ご予約はご利用日前日の23:59迄にお願い致します。

公式WEBサイト


モビリティステーション奥飛騨

モビリティステーション奥飛騨は、奥飛騨の玄関口の平湯バスターミナルから徒歩2分に立地し、超小型レンタカーとレンタサイクルを提供する施設です。

〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯727
旧なかだ売店内
平湯バスターミナルから240m(徒歩2~3分)
【営業時間|貸出返却可能時間】6:00~21:00
※ ご予約はご利用日前日の23:59迄にお願い致します。

公式WEBサイト


Photo

乗鞍岳の玄関口”平湯バスターミナル”へは高速バスが便利です。
バスタ新宿直通バスがから毎日6~8往復運行中

新宿からの高速バスを往復で利用するとレンタサイクルが500円OFF


国内需要を喚起する神姫バスのチャレンジ

コロナ禍で通勤通学・観光需要落ち込む中、神姫バス株式会社は、 神戸市のバス利用者の新たな需要喚起を目的に、新たな取り組みを始めた。国内で利用者の多いLINEに着目し、既にテスト運用していたLINE公式アカウントを活用したLINEキャンペーンを2段階に分けて実施した。

まずは、第一弾として、お友だち登録者数を増やすための施策として、お友だち登録をすると、神姫バスが2021 年 4 月より運行を始めた神戸市内の都心部とウォーターフロントエリアを結ぶ連節バス「Port Loop」の試乗クーポンがダウンロードできる。お友だち登録者数を増やしながら、同時にPort Loopの知名度を上げる狙いだ。

第一弾のキャンペーン終了と同時に始まる第二弾は、夏休み特別企画として、LINEスタンプラリーを実施。  「Port Loop」1日乗車券を活用した沿線施設との連携イベントで、神戸市内の観光を楽しんでもらう企画だ。第二弾の企画は、参加条件として、
  ①神姫バス公式LINEにお友達登録されている方
  ②「Port Loop」1日乗車券を購入された方
   ※乗車券アプリPassRu(パスル― )購入可能

とし、「Port Loop」1日乗車券のスマホ画面を提示しないと参加できない仕組みにすることで、1日乗車券の販売促進に繋げる狙いだ。

LINEスタンプラリーの詳細はこちら

https://www.shinkibus.co.jp/campaign/detail/

神姫バスは今回のLINEキャンペーンによって、お友だち登録者数が約50%程増えた。今後はこのLINEのお友だちに対し、どのようなプロモーションを行っていくか、このネットワークをどのように有効活用していくか、次回のプロモーションにも注目したい。

高速バスは安全な乗り物?

個人的には高速バスの“便利さ・快適さ・楽しさ”に気が付き利用する機会が格段に増えました。 しかし、そのことを友人に話したところ
「高速バスって怖くない?危険なのでは?」と言う声をいただきました。
確かに2012年に関越自動車道で、2016年に軽井沢で大型バスの重大事故が立て続けて発生したことを記憶している方も多いと思います。

その為、「高速バス」=「危険」と認識している人も多いのでは?と感じました。

そこで、高速バスの危険性や安全性を客観的に調査しました。

因みに2012年の関越高速での事故はツアーバスで2016年の軽井沢での事故はスキーバスで共に旅行会社主催するツアーに使われた貸切バスで高速バスとは異なります。

警視庁や国土交通省の2021年4月時点での直近データで2019年の資料を見ると高速バスの乗客が死亡する事故は0件でした。

1,この10年で交通事故は半減?!
まず驚いたのが、高速バスに関わらずここ10年で交通事故自体が激減していることです。。
2008年には766,000件発生した人身事故が
2019年には381,000件と半減しています。

因みに私が産まれた1970年代は交通事故により毎年15,000人以上の尊い命を奪われていました。私が高校生の80年代後半から90年代でも毎年1万人以上の方が亡くなっていました。
当時は交通事故が社会問題で多くの高校では、「免許を取らせない」「買わせない」「運転させない」と言う「三ない運動」をスローガンにオートバイを禁止していました。

当時私は東京と神奈川の県境の東京側に住んでおり、都立高校では「三ない運動」は実施されておらず250ccのオートバイで神奈川県側の塾に通っていましたが、神奈川県立高校は「三ない運動」運動が実施されていたのでオートバイで通塾する人はいませんでした。

それから20年経過した2009年には、年間の交通事故での死者数は5,000人を下回り、2020年には2,800人まで減少しました。しかし、まだ毎年3,000人近い人が亡くなってしまうのは残念に思います。

2,高速バスの事故率は自家用車より圧倒的に低い!

2018年の交通事故発生確率は、
自家用車は1億キロ走行すると53.9回の事故が発生します。
乗合バス(高速バス+路線バス)は1億km走行すると37.8回の事故が発生します。
つまり理論上は自家用車は約185万キロ走ると1件の事故が発生し、乗合バスは265万キロ走ると1件の事故が発生します。約80万キロ(赤道20周分)の違いがあります。
265万キロは赤道66周分です。しかも、この一件は重大事故ではなく軽微なものも含めた交通事故です。

3,2019年乗客の死者数は0名です。
安全はとても大事です。 しかし、高速バスを運行しているのは神様では無く、人間です。その為、一定のリスクはあります。ゼロリスクはまだ難しいと感じています。 
ではリスクはどの程度なのでしょうか?
高速バスは毎年のべ1億人以上のお客様が利用されます。その1億人以上のお客様のなかで、高速バス乗車中に交通事故で亡くなったお客様は2019年は0名でした。

つまり、生きていると、交通事故以外にも日常的に様々なリスクがあります。
ゼロリスクの社会はありえません。突然の病気や怪我に見舞われたり、自然災害や疫病に遭うこともあります。 
高速バスは、それらと比べてリスクが格段に低いことが分かりました。
これは運行会社、自動車メーカー、警察、メディア、教育者、そして国民一人一人の努力により実現されていると強く感じました。

高速バスも定時運行?!

日本の鉄道の定時運行率の高さや、正確さは世界的にも有名ですが高速バスの定時運行率も目を見張るものがあります。

2020年~2021年は高速バスを多く利用しましたが、その多くがほぼ定刻にバス停に到着します。

一番の驚きは長距離移動でも時刻通りに到着する事です。
私が一番利用したのは
岐阜県の高山バスターミナル13:30発→平湯バスターミナル14:35発
東京の中央道府中バス停18:34着の高速バスです。

移動距離約250km、乗車時間は4時間以上です。

そのバスが毎度 府中バス亭にほぼ定刻18:34に到着するのです!!

定刻に到着しましたが、私がもたついていたら1分経過^^;;

もちろん、道路状況や天候で遅延はありますが、ここ半年で10回近く乗車していますが、ほぼ全て定刻に着きます。
平日の移動が殆どなのも大きな理由かとは思います。

それでも、日本の高速バス凄い!!

お蔭で中央道府中バス停の最寄り駅である、西武多摩川線の競艇場前駅18:47発の電車にのり19:00前には中央線武蔵境駅に到着します。

・私が自宅から奥飛騨に行くときは
武蔵境駅 7:06
↓(西武多摩川線)
競艇場前駅 7:16
↓(徒歩)
中央道府中バス停 7:31
↓(高速バス)
平湯バスターミナル11:40

・私が奥飛騨から自宅に帰る時は
高山バスターミナル13:30 又は平湯バスターミナル14:35
↓(高速バス)
中央道府中バス停 18:34
↓(徒歩)
競艇場前駅 18:47
↓(西武多摩川線)
武蔵境駅 18:59

がお約束のパターンです。

・2021.6.4 追記
 昨日2021年6月3日いつも通り「平湯バスターミナル」14:35発のバスに乗車
 驚くことに目的地「府中バス停」 定刻の10分前の18:24到着!!
 これはコロナ禍の影響で乗客が2名しかおらず、SAでの休憩時に予定時刻前に乗客が揃う為に早く到着したようです。

■参考
府中バス停への行き方

■高速バスの遅延等に関するブログや記事
高速バス・夜行バスは遅延する?頻度から遅延証明書まで紹介します(bus sagasu)
高速バスの遅れはどのくらい?(高速バス研究所)

高速バスのご予約はこちらハイウェイバスドットコム

高速バスは便利なコワーキングスペース

奥飛騨にオフィスを構えてから東京と奥飛騨を行き来することが増えました。
月に2~4往復します。

その中で私にとっては高速バスが最も効率的で優れた移動手段だと感じました。 高速バスは私にとっては移動手段ではなく、運んでくれるコワーキングスペース(動くオフィス)です。

バスタ新宿

東京の自宅(武蔵野市)から奥飛騨へはどの交通手段でも片道4~5時間程度掛かります。
移動手段は主に4つの方法があります。

① 自動車(中央道長野道 松本IC経由)
② 松本まで電車+バス
③ 松本まで電車+レンタカー
④ 高速バス(バスタ新宿発 高山行き)

前提として。
1,東京に生まれ育った私にとっては高速バスは身近な存在ではなく
  今までは選択肢に上がることもなかったです。
2,私は元々はオートバイや車が大好きで運転は苦にならない。
3,2005年頃に年間稼働率10%程度のマイカーを手放し、カーシェアの会員になりました。

その為、私が一人で移動する際は
「松本まで電車+レンタカー」
他の社員と一緒に移動する際は「自動車」でした。

また、コロナ禍で変わった事に一つにテレワーク依存度が高くなりました。
その為、ネット環境次第で、いつでもどこでもできる業務が大幅に増えました。
その結果それまで、好きだった運転や車での移動が苦痛に感じるようになりました。
それは車での移動は時間を移動にしか活用できず、貴重な時間が死んでしまうからです。

その為、「松本まで電車+レンタカー」が中心になりましたが
一度、「高速バス」を利用したら「松本まで電車+レンタカー」すら苦痛になりました。

因みに私の場合はレンタカーではなく松本駅近くに駐車している社用車を使います。

「松本まで電車+レンタカー」苦痛に感じるようになったのはデッドタイム(死に時間)が「高速バス」と比較すると大幅に多い事に気が付いた為です。

東京都武蔵野市に住む私が奥飛騨に行く場合は
「電車+レンタカー」は
自宅から徒歩10分→ 三鷹駅ー(JR中央線15分程度)→立川駅—(特急あずさ150分程度)→松本駅→徒7分程度→駐車場ー(運転70分)→奥飛騨
となります。
乗換えや待ち時間で時間が細切れになり、仕事や睡眠休憩に使える時間は実質140分程度となります。

「高速バス」
自宅から徒歩20分→ 武蔵境駅ー(西武多摩川線)→ 競艇場前駅→徒歩10分程度→中央道府中バス停ー(高速バス240分)→奥飛騨
仕事や睡眠休憩に使える時間は230分程度となります。

有効時間は電車の場合より片道で90分も多くなります。
3往復/月の場合は約9時間(540分)も多くの時間を有効活用できます。

しかも、高速バスと途中サービスエリア等で休憩があり、晴れた日などは気分転換に最高です。 お気に入りは諏訪湖サービスエリアで諏訪湖を眺めながらコーヒーを飲むことです。

諏訪湖を眺めながらコーヒーでリラックス

更に良いことは費用が安く環境にも優しい事です。
電車(特急券+乗車券)5,980円+有料道路・燃料代2,500円→合計約8,500円
高速バス代4,800円に武蔵境→競艇場前320→合計5120円

差は1回3,380円
3往復/月の場合20,280円も経済的
有効的に使える時間9時間を2,000円/時間
に置き換えると
高速バスの場合、38,280円分有効活用できます。

これは私の場合なので、状況や好み等で大きく変わるとは思いますが
私が自宅⇔奥飛騨は圧倒的に高速バスが高効率で便利だと感じる理由です

高速バスの電源。バスでテレワークの強い味方

これも、コロナ禍でテレワークで出来る業務範囲が大幅に増えたことが影響していると思います。

以上

動くコワーキングスペースの予約はこちらハイウェイバス ドット コム