テレワーク

子供たちは『オンライン授業』親は『リモートワーク』家族で行くワーケーション体験記!

ファミリー編(40代夫婦、中学2年生、小学2年生)

家族で平日ワーケーション!

コロナによって作られたニューノーマル。新しい価値観に新しい生活様式。
これによって大きく変わったこと。それは、オンラインの生活がデフォルトになったこと。

大人はリモートワークが進み、子供はオンライン授業の導入が一気に進んだ。
このおかげで、場所に依存することなく、インターネット環境さえあればどこでも仕事ができ
子供たちはどこにいても授業が受けられるようになった。

学校のイベントはのきなみ中止、部活動もない!これは行くしかない!
と家族で平日にワーケーションをすることにした。

さっそく、渋谷マークシティ5階のバス停から草津温泉へ出発!
初日は、長女は学校が臨時休校、次女は1、2時間目が体育なのでオンライン受講の生徒は
3時間目からの受講のため、その間にバスへ移動。

高速バスを仕事の移動でよく使う私は、各座席に充電コンセントがついていることや
Free-wifiが使えること、そして何よりも想像以上に快適に仕事ができることを
知っていたものの、私の家族は高速バスで仕事や授業を受けることが初体験だったので、
半信半疑でドキドキしていた。

いつもは、「まだ着かないの~?あと何分くらい?」と移動時間を持て余す娘も
オンライン授業をしているうちにあっという間に草津温泉に到着。
「えっ、もう着いたの?」とびっくり。

授業の教材や仕事用PCなど、荷物が多かったのでまずは今日のお宿へ直行。
今日のお宿は、草津温泉 源泉一乃湯 さん。
ワーケーションにぴったりな素泊まりのお宿。
https://www.kusatsu-ichinoyu.jp/

オシャレな外観に子供たちの期待が膨らみ…

素敵なラウンジを見てさらにテンションが上がり…

大きな部屋に中に入ると子供が喜ぶ大きな二段ベッド
一気にテンションMAX!

お部屋は素泊まりや連泊に嬉しいキッチン付き。家族で何泊もしたくなる快適なファミリールーム。
館内にはコインランドリーも。

子供は今日のオンライン授業はバスの移動時間中に終了したので、あとは自由時間。
漫画を読んだり、スマホでYouTubeを見たりくつろぎタイム。

少しだけ仕事が残っている夫は、残りの仕事を終わらせ、私はオンライン会議ができる場所を
館内で探して別スペースでオンライン会議。
いつもと違う空間で仕事をするって楽しい!気分が上がる!

せっかっくなのでちょっとだけ、籠ソファーでお仕事。

仕事が終わったら、お楽しみの家族時間。これが家族ワーケーションの極意。
平日とは思えないような時間の過ごし方で、家族みんなでリフレッシュ。
仕事は出勤扱い、学校も出席扱い、だけどいる場所は東京ではなく「草津温泉」。

久しぶりの草津温泉を5感で楽しみながら、夕飯までの時間を家族でぶらぶら散策。
湯畑のライトアップと湧き上がる湯気が幻想的に映る草津温泉の景色の中を
風に乗って香る温泉の匂いが心地よい草津温泉の夕暮れ時。

今日の夕食は、湯畑から徒歩1分の「湯川テラス」。草津に来る前から気になっていたお店。
https://www.yugawa-terrasse.jp/#gunma

TVでも放送された、「上州牛のひつまぶし」をオーダー。
群馬のブランド牛「上州牛」を敷き詰め、いくらを散りばめた贅沢な一品。
〆は、お出汁をかけて、ひつまぶし風に。家族全員、美味しくいただきました。

食べ過ぎたので少しだけ夜散歩。夜は全く違う表情を見せてくれる草津温泉のシンボル「湯畑」。

射的を見て、目を輝かせる次女。

明日、射的やりに来ようねと約束をして今日はこのままお宿へ。
ワーケーション初日は無事終了。お疲れ様でした。

授業が始まる時間が早いので1番で朝食会場へ到着。
朝食はサービスでいただけるビュッフェスタイル。サービスとは思えないほど豪華な朝食。

朝食後、今日は朝からリモートワーク。娘たちはオンライン授業。
夫は休暇を取って、午前だけで授業が終わる次女と午後は草津温泉を観光予定。

家族でワーケーションする際に忘れてはいけないものは「たこ足延長コード」を持っていくこと。
これさえあれば、1部屋でオンライン授業もリモートワークも問題なし。

私はオンライン会議の時だけ、別スペースへ移動して会議に参加。
館内あちらこちらに充電のできるワークスペースがあるので仕事スペースには全く困らない。

フリードリンクサービスも嬉しい。

唯一休暇の夫は一人で足湯を満喫。日頃の疲れを草津の名湯で癒す。
ワーケーション中、日中は家族それぞれが自分の時間を過ごし、
夜は家族で一緒に過ごす。これが我が家の理想的なワーケーションスタイル。

気分転換に夫と館内を歩いていたら、
雰囲気があって、のんびりとした時間が流れる素敵な空間を発見。

温泉のシンボル「湯畑」周辺が多くの観光客でにぎわうのに対して、
訪れる人が少なかった地蔵通りのエリアを「裏草津 地蔵」として整備し、新たな名所を目指し再開発中らしい。
その裏草津を散策しているお客様からの利用者を増やそうと、一乃湯さんは日帰り温泉客向けに裏草津側に
入り口を設けているとのこと。

10時チェックアウトなので、お部屋に戻って一旦チェックアウトをしてから、お宿に荷物を預けたまま
午前授業が終わるまでは、館内のスペースを利用させてもらい、引き続きリモートワーク&オンライン授業。

午後から長女がオンライン授業ができるところと私がリモートで仕事ができる場所を探していたら
教えてもらった「草津温泉スキー場」https://www.932-onsen.com/winter/index

グリーンシーズンも様々なアクティビティーが楽しめるスポットで、大きなレストランがあるので
午後のリモートスポットはここに決定。

まずは、ランチを食べてから午後の授業とリモートワークに備えることに。

ランチの後は、休暇の夫と午後授業のない次女はあいにくの雨の中、草津温泉観光へ。
前日に約束をした「射的」をしに草津温泉の中心地へ。私と長女はこのままレストランに残ってオンライン授業&リモートワーク。

最近東京ではほとんど見かけない「射的」を楽しみにしていた娘にショックな結末が…
営業予定だったはずが、雨の為、まさかの休業。呆然と立ち尽くす娘… 

15時過ぎにまた草津温泉スキー場の天狗山カフェで全員合流。
雨が強くなってきたのでクレープを食べながら雨宿り。

天気が良ければ、いろんなアクティビティーだ楽しめる場所だったので、少し残念だけどお楽しみは次回へ。
https://www.932-onsen.com/green/index

草津温泉スキー場は、草津温泉バスターミナルから路線バスで簡単に来られるので、とても便利。
さらに、土日祝と夏休みは無料シャトルバスも30分おきに運行中。

天気がこれ以上良くならなそうなので、今日はこのまま草津温泉バスターミナルから東京へ戻ることに。

初めての平日家族ワーケーション。

今回は1泊だったので少しバタバタしたものの、平日にワーケーションができることがわかったことが何よりもの収穫。

自宅でオンライン授業とリモートワークをしていると、お互い別々の部屋に閉じこもっているので
同じ空間にいるのに、お互いの様子がほとんど見えないのが現状。
観光地でワーケーションをしていると、
同じスペースにいるので、子供がオンラインで発言したり、グループワークでクラスメイトと話をする姿が見えて、
家にいるよりも子供の普段の様子がこんなにも良くわかるとは!

平日に高速バスでオンライン授業やリモートワークをしながら観光地へ行き、
いつもと環境の違う快適なスペースでリフレッシュしながら仕事や勉強をし、
夕方からは家族でのんびり観光や温泉を満喫。
新しいライフスタイル、新しい価値観、新しい時間の使い方。

これに欠かせないのが、高速バスの存在。
高速バスを利用すると運転の必要がなくなり、移動時間を有効活用できる。
電車と違って乗り換えがないので、移動時間が小刻みに分割されず、仕事にも集中できる。

高速バスは、ニューノーマルのライフスタイルを可能にする新時代に最も適した乗り物と言っても過言ではない。

草津温泉行の高速バスの詳細やご予約はこちら
https://www.tokyubus.co.jp/highway/omnibus/high-shibuyakusatsu.html


関東エリアから草津温泉に行くには高速バスがとっても便利!

渋谷から直行!たまプラーザ・二子玉川からの乗車が可能で、田園調布市線沿線にお住いの方にもとっても便利!

渋谷・二子玉川・たまプラーザから草津温泉へ直通の高速バス往復券と、草津温泉のアクティビティがセットになったお得な乗車券「草津 湯~わく手形」は期間限定で発売中です。

https://www.tokyubus.co.jp/news/002436.html

「草津 湯~わく手形」は
「ハイウェイバスドットコム」アプリ限定での発売となります。

管理職の皆さん、部下やチームの為にワーケーションをしてみよう!

ワーケーションをしたことがありますか?

私が初めてワーケーションしたのは2017年3月です。
当時はワーケーションと言う言葉は一般的ではなく、私も知りませんでした。

最近になって振り返るとあれが初めてのワーケーションだったのかぁ
と気がつきました。

初めてのワーケーションは長男(当時6歳)とのカンボジアに男二人でバックパックを背負っての卒園旅行でした。
>>当時の体験記

当時は社内インフラの多くがオンプレでリモートワークを駆使しながら旅と仕事を両立させたことを覚えています。
その後も海外旅行を中心に何度かワーケーションを体験しました。

コロナの流行以降は更にワーケーションが増えました。
しかし、私の中ではワーケーションのスタイルも大きく変わりました。

コロナ禍前はwork + Vacation でワーケーションでしたが
コロナ禍後はWork + Location でワーケーションとなることが殆どです。

コロナ禍前は息子達など家族と観光や遊びが中心
コロナ禍後は一人又は同僚とチームビルディングや研修等仕事が中心

と同じワーケーションでも内容は大きく変わりました。

メディアなどでは観光が中心の Work + Vacation が話題になりますが、私自身の経験、弊社スタッフや弊社が運営するワーケーション施設の利用者を見ていると、観光などはあまりせずに終日集中して仕事をする。

観光地やリゾート地などのリラックスした空間でテレワークを活用して、日中は本気で仕事をして、夕方から郷土料理や温泉を楽しんでます。

環境(Location)を移して、仕事(work)に励むワーケーション(workation)が普及するのでは?と考えております。

そこで、まず都市部の企業の管理職の方々にはLocation型のワーケーションを試してみていただければと思います。
・仕事が捗る
・ストレスが少ない
・部下が育つ
を実感してください。

また、就業規則などのルールが自宅以外でのテレワークがOKになっても、管理職の皆さんがチャレンジしないと部下はその制度を使うことも、チャレンジすることもできません。

まずは上司である管理職の方々にワーケーションを試していただきたいと思ってます。

初めて試すのにはシルバーウィークが最適!!
2021年9月21日(火)
2021年9月22日(水)
2021年9月24日(金)
で試すのは如何でしょうか?
上記は平日ですが前後は休日です。

休日と休日の合間は東京などの都市部へに戻らずに、そのままリゾート地でテレワークを体験しませんか?
価値観が変わり、生産性の向上や働き方改革が加速することと思います。

更には2021年9月17日(金)や9月27日(月)は高速バスの中で移動しながらテレワーク出勤をしませんか?
弊社の社員の中では日常です。移動時間も無駄にはしません。
働きながら移動をして、現地の時間をより大切にする。
>>高速バスは動くコワーキングスペース

オフィスだけで働く時代は終わりです。

上司がそのような働き方をすると、部下が憧れワーケーションでより結果を出し、
更には、あなたのもとまたは貴社で働きたいと思う優秀な人材が増える事でしょう。

まずは是非、試してみてください。


>> 動くシェアオフィス!?高速バスで行く! 草津温泉ワーケーション体験記

Photo
草津温泉 湯畑

渋谷から草津温泉などの高速バスご予約はこちらハイウェイバスドットコム

オススメの古民家ワーケーション施設はこちらCorritrip &WORK奥飛騨 萬葉館